【4/24】計算して考える

新型コロナウィルスについて、ほとんどデータが出てこないので、自分で計算して演繹(えんえき)するしかないと思い整理してみました。感染源になる人やその確率を整理したいときは、せめて以下のようにデータを整理する必要があると思われます。一応PCR検査をして発症していない人(感染ではなく発症)を仮定した上で進めました。衝突確立は、確定した学問的データを元にしています。伝染力は、インフルエンザ並みで2~3としました。

感染源になる人={発症していない感染者600人}
接触回数={自粛率75%}平年の6%(94%減)
新型コロナの伝染力=インフルエンザ並(再生数2~3)
インフルエンザを基準としてコロナにかかる可能性は?
約1000分の1(交通事故ケガの50分の1)
(1×107)÷(1×104)=1.02884615

上記の計算は、理科系大学で出てくる程度の基礎知識を元に算出したので簡単です。今は、完全に政治とマスコミが支配している現状なので、一般の方は、新型コロナが大変恐ろしいと受け止めています。ならば、大変恐ろしいという根拠(データ)を早く開示してほしいものです。この計算結果では、経済活動を自粛しても意味がない状況になります。自粛を必要とする本当のデータはどこかにあるのでしょう。あるいは、何か陰謀があるのかもしれません。だって、交通事故でケガする確率よりもずっと少ないのに、ここまで規制するのはどんな意味や目的があるのか、本当のことを知りたい所存です。

宮田

お申し込みはこちら

お問合わせ・お申込み

お問い合わせ